中部本部 のすべての投稿

今月のカレンダー(2017年7月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

2017WE01

 

今月のカレンダー 長野県飯田市上村(しらびそ高原)

7月の中旬にファンクラブのライドで、道の駅の遠山郷をスタートし、秋葉街道を北上して、
サカイ引越センターCMの舞台となった九十九折の下栗の里によってから、
標高1918メートル、しらびそ高原まで登ります。

走行距離は片道25キロほどで、それほど長くはないのですが、獲得標高が約1700メートルを超えるので
中の斜度が10%どころか、20%以上のところもところどころあるルートです。
その下見ライドに先月行ってきました。
道の駅では、ジビエ料理が、どれにしようか迷うほどあり、
下栗の里では手打ちのお蕎麦に季節に合わせた旬の野草の天ぷら。
そして、しらびそ高原では、目の前に広がる南アルプス。聖岳、兎岳をはじめ3千メートル級の山々が連なります。
この日は雲ひとつ無い最高の天気に恵まれ、360度のパノラマなので、
北西には中央アルプス、その右のはるか奥には北アルプスの一部も見ることがことができました。

道の駅には夜9時までやってる温泉も併設していて、コースプランを作るのが楽しみです。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

 

今月のカレンダー(2017年6月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

2017WE01

今月のカレンダー 福井県越前町(大樟漁港)

5月もDNFの話題となってしまいました。
今年の名古屋開催のブルベはなぜだか上手くいきません。

今回の600キロは新設のコース。スタートは岐阜羽島の駅前。
スタート時間は土曜日の朝5時。まずは関ヶ原を目指します。木之本を通り、琵琶湖北岸から敦賀に出ます。
敦賀から日本海へ出てしおかぜラインで北上します。
20代の頃は仕事仲間と釣りにいろんなところへ行っていて この辺りにも車で来ていたことがあります。
写真の大樟(おこのぎ)漁港へは魚影が濃いのでよく来ていました。
車で来るのも遠くて大変な思いをしていたその頃は、まさかロードバイクでくるなんて想像もしてなかったですけどね。

ルートはその後もずっと北上して石川県の七尾で折り返し、富山に入ります。
富山からは国道41号で高山を抜け、途中川辺町から多治見に向かいます。そこからはおきまりのコースです。
248号で瀬戸へ出て最後に戸越峠を超えて、ゴールは藤岡あたりのつどいの丘。
ミスコースをして、途中のチェックポイントでギリギリの場面も何度かクリアしてきたのですが、
最後のゴールで日曜21時のタイムリミットに15分間に合わず、完走したものの残念ながら認定扱いならずでした。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

今月のカレンダー(2017年5月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

2017WE01

今月のカレンダー 三重県伊賀市(柘植)

4月はファンクラブライドで初めての奈良吉野山ライドの計画でしたが、あいにくの雨で中止に。
その後、3月のブルベのリベンジで、二子玉川〜伊豆高原の300キロに挑戦し、
なんとか制限時間残り10分で無事に完走できました。
このコース、あまり車では通らない裏道ルートが多かったので、熱海城で写真撮ったり、
網代で美味しい海鮮を堪能してのゴールで満喫でしたが、
翌週の400キロでまたしてもDNF。

いつもの岡崎をスタートして、多度を通り、員弁経由で関へ。
名阪国道と並行して走るR25号で伊賀上野へ。笠置へ出てR369号で奈良に入ります。
奈良公園ではなんとか明るかったのですが、折り返しの飛鳥ではもうとっぷりと陽も落ちていました。
帰路は桜井から榛原を通り再び伊賀上野へ。そのあとは行きの道を戻るのですが、
昼間の突然の雷雨の影響なのか、関へ抜ける峠の手前から、夜半になって急激に冷え込み
あたりは真っ白な霧が立ち込めてきてしまいました。
そこで万事休す。なかなか上手くいかないものです。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

今月のカレンダー(2017年4月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

 

 

2017OMY04-01
今月のカレンダー 岐阜県美濃加茂市(川合)

3月になってロードバイク復活しました。

最初は足慣らしと思ったのですが、そんな時間は無く、初日いきなり100キロでした。
次の週はブルベ200キロ。瀬戸を出発し、戸越峠を超えて矢作川に出ます。
矢作川を北上して明智、岩村を抜けて中津川へ。付知へ向かい、加子母の手前で白川方面へ。
国道41号に出てからは飛騨川沿いを南下します。
今シーズン2回目のライドなのでペースが上がらず、参加者の誰よりも遅いペースで
タイムアウトにならないように初春の陽気の中、ヒーヒー言いながらもライドを楽しみました。

美濃太田駅から太田線へ伸びるところに美濃太田車両区があリます。JR東海の車両基地です。
丁度そこに差し掛かった時、複線のレールの夕日が照らされてなんとも言えない情景が広がった。
まさに、このタイミングでこの場所にこなければ見ることのできなかった一瞬だろう。
苦しいながらもこんな景色をふと足を止めて見ることのできるのもライドの楽しみである。

翌々週の300キロは名古屋から敦賀の往復でしたが、残り20キロのところでDNFでした。泣

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

今月のカレンダー(2017年3月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

2017OMY03-01

 

 

 

今月のカレンダー 愛知県名古屋市(牧野ヶ池緑地)

ロードバイクには全く乗れていない日が続いてますが、
2月の中旬に人生初のフルマラソンを走ってきました。
震災後の大会となる熊本城マラソンです。チャリティーエントリーで参加しました。
昨年の12月、ハーフマラソン直前に痛めた脚でハーフを走ったためダメージが大きく
50過ぎた年齢的なものもあって回復力が遅く、年末年始はほとんど走れない状況でした。
それどころか1ヶ月前に30キロ走をする予定だったのに痛みが治らなくて走れず、
1日数キロ走っては2日休むという日が2月の初旬まで続き、
歯がゆい思いのまま毎日が過ぎてゆき、ほとんど出場することを諦めていました。

 

牧野ヶ池緑地は朝ランをしていた公園です。
2週間前にようやく2時間走ができ、少し希望が出てきたのでなんとか完走できればいいというつもりで
大会当日はスタートラインにつきました。
これまでフルマラソンにあまり興味がなかったのですが、天気も味方してくれ、
熊本の皆さんの復興へ思いの盛り上がりが半端なく、沿道の応援に励まされ、
4時間21分で走ることができました。
さて、3月からはいよいよロードバイク復活です。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

今月のカレンダー(2017年2月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

2017OMY02-01

 

今月のカレンダー 愛知県東郷町(愛知牧場)

1月の最終週に愛知牧場の中で東海シクロクロスの大会があり、
その大会に ウィリエールファンクラブの会員さんが参加するということで
ミニベロに乗って観戦に行ってきました。

シクロクロスというのは、簡単に言うとヨーロッパ版マウンテンバイクのことです。
ロードバイクと違いオフロードを走ります。
レースのコース上には階段や柵などもあり、自転車を担いで進みます。
当日はこの時期にしては気温も高く、風もなく絶好のコンディションでしたが、
シクロクロスの大会は天気は関係ないので、雨の日でも開催されるし、
前日に雨が降ってコース上がぐちゃぐちゃになっていても
参加者たちは泥にまみれながらレースをしてタイムを競い合います。
競馬に例えるなら、スピードだけでなく、足腰の力のいるダートを走るようなものです。

2月にはお台場の海岸をコースにした関東シクロクロスも行われるようです。
自転車の世界も幅が広いです。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀

「東京2020参画プログラム」オリエンテーションが開催されます

「東京2020参画プログラム」オリエンテーションが、
2月7日(火)に名古屋で開催されることになりました。
皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。

「東京2020参画プログラム」オリエンテーション参加申し込み書→こちら

「イベント4団体新春合同懇親会」参加申し込み書→こちら

東京2020_表_04 東京2020_裏_04

今月のカレンダー(2017年1月)

Jepc中部本部では、毎月壁紙デスクトップカレンダーを制作しております。
ご自由にダウンロードしてお使いください。

201701

 

今月のカレンダー 愛知県東郷町(愛知池)

12月の中旬に愛知池でハーフマラソンの大会があり、その大会に参加しました。

ロードバイクにほとんど乗れない日が続き約3ヶ月。
このままでは体がなまってしまい、体力が落ちてしまうので週に3、4日、
朝ジョギングをするようになりました。
最初の頃は1、2キロ走るだけでも足が棒のようで、
ロードで数十キロ走るのと全く疲れ度合いが違って こんなに走れないのだと痛感しました。
それでも、1週間、1ヶ月続けるうちに会社へ行く前に時間があるときは5キロ、
週末は10キロほど走ってから会社へ行くようになりました。

ハーフマラソンは5年ほど前に、物は試しで名古屋シティマラソンにエントリーしたことがあったけど
日頃走っていない状態だったので、今回が本当の意味で初めてのハーフ。
結果は目標の2時間切りの1時間57分でフィニッシュ。
やはり、ランは自分が止まると前に進まないので、ロードの方が楽でいいと思います。
どちらにしてももっと体重を落とさないと厳しいですね。

本年もよろしくお願いします。

撮影・デザイン
株式会社オーディーエフ 大宮正紀